FC2ブログ

待たせたなっ!

今日無事に積み込み終わりました~~

太宰長崎公演、、、

待たせたなっ!!って気分です。

柳沢慎吾の心持ちです。はい。



6月の熊本公演から長崎・熊本でさらに稽古を重ね、両作品とも熟成しておりますよ。

この二ヶ月はあっという間で、でも確実に進歩の時間だったように思います。

演劇の良いところは、人間がやるもんだからそのタイミングごとで芝居が変わっていくこと。

同じ人間が同じ役をしても、ちっとも同じ物にならない。ずばり生ものであり。

その瞬間にしか感じられないものがあるのです。



そういう意味では、文学も近いのかもですね。

同じ作品でも読む時の心境で見える景色が違ったりする。

だから、長い年月名作は人々に愛されるのですね。





待った分、時間が経過した分、

きっと出会える景色はちがうはず。

熊本で見られなかった景色に皆さんと出会えるその時を、楽しみにしています。


スポンサーサイト



2010/08/19 | 22:17
未分類コメント:3トラックバック:0

便乗して帰ってきてみたものの。

一月ばかり寂しく、ひとりぼっちだったオサムです。
彼岸の片隅で膝抱えてたオサムです。
覚えていてくれてた嬉しさで、踊り出しそうなオサムです。



うきうきステップを踏んでいたら、黒髪のシュッとしたお兄さんに、躍りを教えてもらいましたよ。
あれあ難しいね。重心を逆足にかけながら、後ろ向きであるくダンス。
しかし、彼の躍りには魂があったよ。
「フォー!!」と叫びながら去っていったが最近の流行りはあんなのだろうか。
謎だなぁ。

やあやあ。どうも。お盆に便乗して帰ってきました。
どちらかと言えばクリスチャンなのだが。えへへ。

やはり八月になると、戦争の話題からは避けられないようだね。

65年経っても、忘れられないものだなぁ…。
忘却と謂う資質は、神が人間にくれた恩寵だとぼくは思うのだが。
別に戦争を正当化するわけぢゃない。
戦争の罪も許されるわけでもない。
とくに爆弾ひとつで、何十万もの命を奪い去ることは、どんな理由があろうと認められるもんぢゃない。
しかし、いつまでも加害者や被害者だと凝り固まることは、誰も幸せにはならないのではないのかな。
あのときの僕らは、確かに加害者でもあったのだから。

気づいていないだけで、僕の幸せは君の不幸せでできているかもしれないのだから。

65年の時間は、事件でも歴史でもない緊張した距離感を、君たちに強いているのかもしれないね。


その距離感こそが、僕の作品を65年後の意味のような気もするのだよ。

みっちーが間違った方のおさむ君の「火の鳥」のように、時代時代で新たな命が吹き込まれるのは、
作品が生まれ変わるようで嬉しいのだよ。
また百年後に上演されるのもまた楽しみのひとつさ。


付け加えておくが、リンゴは僕らのときも津軽名物だ。
帰郷の際に「リンゴ酒が懐かしい」なんて言ったばかりに、わざわざビールや日本酒の代わりに、リンゴ酒を用意してくれたのには閉口したよ。
やはり夏の夜にはビールで火照りを冷まして、ロックのウイスキィグラスを傾けるのがよいな。

ぢゃあ、お盆に便乗して一杯ひっかけに行ってくるよ。

ではまた近いうちに。
少しのさよならを。

2010/08/13 | 21:33
未分類コメント:0トラックバック:0

宮崎公演出演者変更のお知らせ。

「春の枯葉」に出演予定でしたゼロソーのますながあすかが都合により宮崎公演への出演ができなくなりました。
代わって八代で活動されるあったかハートふれあい劇団の松本麻衣子さんにご出演いただくことになりました。
ますながは長崎公演には予定通り出演致しますので、ぜひますながバージョンを観たい!という方は来週開催の長崎公演にお越しいただけましたら幸いです。
また、松本麻衣子さんもステキなかわいい女優さんですので、 宮崎公演もお楽しみただけると思います。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞご了承くださいますようお願い致します。

※ますながは体調を崩したとかではございませんので、また次のゼロソーの舞台で彼女の魅力全開でお届け致します!

2010/08/13 | 00:02
未分類コメント:0トラックバック:0

暑くてもくさらない

おさむっちへ。


ご無沙汰しております。長崎より愛を込めて。いーこです。

熊本公演が先日のことのように感じられながら、
気づけば8月!!!そりゃ暑いわ・・・そして長崎公演も間近です。
しっかしこのくそ暑い夏はなんなのでしょう。
長崎に生まれ育った者としては、否が応でも6日のことや明日のことを思ってしまうのですが、
どんな夏でも、あの日は必ず怖いくらいに晴れて暑い、ように思います。

65年前の夏はいかがでしたか?

その後に迎えた津軽の冬は、どれほど寒かったのでしょうか?

春、あなたの眼前に広がった桜はどんなふうに写ったのでしょうか?

初演の熊本は6月でしたが、今度の長崎公演は8月。
65年前を皆が感じる8月だと、もしかしたらこの作品の見え方も変わるのかもしらんですね。
もちろん、やってる私たちもね。おさむっち。


この暑さでも、作品は腐りません。
長崎・熊本の両地で、熟成の機を迎えております。

2010/08/08 | 13:08
未分類コメント:0トラックバック:0

ご無沙汰してます

どうも。ミッチーこと河野です。えへへ。随分と更新があいてしまいましたが、このブログをご覧の皆さんは夏バテなどしてないでしょうか?オサムっちも。

長崎公演に向けてまだまだ稽古も白熱していますよ。先日の稽古では、オサムっち先輩の言葉に新しく気付かされたことがありましてね、自分のなかでひとつまたドラマが動き出したんですよ。いやぁ、深い。…話し読んで「深い!」とか、俺はヤングアダルト(←ここの表現がかろうじて大人)を読み終えて唸る中学2年生か、とツッコミたくなりますけど。何を今更、とか鼻で笑って受け流すんでしょうか、先輩は。ところがどっこい、そうやすやすと太宰節の口車にはノラネェぜ!と俺の鼻息はふんすふんす荒くなる一方ですよ。そう、僕らがやりたいのは太宰節の再現じゃなくって、太宰節を2010年に落とし込む、ってことなんすから。あ、ラノベっていうんだっけか、最近は。俺も読んでみたいです、ラノベ。でも、ちょっと買うのは恥ずかしいです。ラノベってなぁ。発音が楽しいよなぁ。ラノベ。先日、先輩が書いてる「火の鳥」っていうヤツ、ちょろっと立ち読み程度に読んだんすけど、鼻のでっかい人が出てくる話だとばかり思ってたら、女優さんの話でしたね。別のオサムさんと勘違いしてました。えへへ。そんな言葉遊びのような、「データベース型」の楽しみ方で僕らは遊んでいますよ。先輩が見たら嘆くのか、或いは酷く興味を持ってくれるのか。僕らはたくさんの物語を知りすぎているのかもしれないけれど、それを使って遊ぶことも覚えてしまった、そんな罪深い2010年を生きる人間なのです。

んじゃ、今度、津軽のリンゴでも送ってください~先輩の時代にリンゴが青森特産だったのか知りませんし、調べもしませんけど。よろしくどうぞ。

2010/08/04 | 05:59
未分類コメント:0トラックバック:0

Copyright © 101年目の太宰治 ~シュウジくんとミッチーとオサムくん~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?